• jazzdrumclub

名曲千夜一夜物語-295~"Adult Education"-Hall & Oates-1985


シングルリリース

Daryl Hall&John Oates – vocals, guitars, keyboards, synthesizers,

G.E. Smith – lead guitar

Wells Christy,Clive Smith – synthesizers

Jimmy Bralower – drum programming

Charlie DeChant – keyboards, saxophone,

Robbie Kilgore – keyboards

Tom "T-Bone" Wolk – bass, guitars, keyboards,

Mickey Curry – drums

名曲の70年代をすぎて80年代にはいると従来にはないアプローチをとるアーティストがでてきました。ひとつが”Punk rock”であり、"Synth pop"であり、"New Romantic"です。

それらの音楽を創作するアーティスト特に"Synth pop"と"New Romantic"のサウンドが "Hall&Oates"の

音楽に影響を与えたように感じられます。

この曲がまさにそうで、電子楽器機材の導入と録音・整音の作業に

当時の先進的な技術が使われています。


"The Beatles"から音楽制作に欠かせないスタジオでの録音作業をつかさどる

レコーディングエンジニアの存在が大きくなってきました。

かれらの中にはプロデュースの権限でプロジェクトをリードする者も多くなってきました。

この楽曲にはレコーディングエンジニア"Bob Clearmountain"の力が大きく反映されています。


彼は70s~80s~90sと名曲名盤の多くを制作しています。例えば

Bruce Springsteen,Kool and the Gang,The Rolling Stones,David Bowie,Toto..などジャンルをまたいで

時代を牽引してきたエンジニアのひとりです。



R&B,Soulの殿堂ホール"Apollo theater"でのライブです。








二人が尊敬する"TheTemptations"の"David Ruffin","Eddie Kendricks"と共演しています。

制作は"Bob Clearmountain"が担当し、パンチのあるアルバムになっています。

0回の閲覧
お問い合わせはこちら!

2-9-2 Katushikaku Tokyo Japan |  info@jazzdrumclub.com  |  Tel. 81-03-5875-6151

© 2018 by Jazzdrumclub. Proudly created with Wix.com